詳細検索
  • ALL
  • MEN
  • WOMEN
  • HOME

トップ > VK's Gallery

VK's Gallery

Villa Kaleidos(ヴィラ・カレイド=VK)で取り扱うハイブランドやアルチザンブランドは、それぞれの商品から、モノ作りへの徹底したこだわりが漂ってきます。「VK's Gallery」では、そうしたブランドのモノ作りに対する真摯な姿勢にも通じる要素を持った様々な「アート」にフォーカスしていきます。VKでショッピングを楽しむ“ファッションフリーク”の感性に刺激を与えるような強烈な個性を持ち、時代の空気にも適応したコンテンポラリーな様々なアートを通して、“ファッションフリーク”であるVKのカスタマーの皆さんに、ファッションにも共通するクリエイティビティを感じ取ってもらうことが大きな目的のひとつです。

さらに、「VK's Gallery」では、単にアート作品を紹介するだけでなく、VKで取り扱う様々なファッションブランドやショップとアートとの有機的な融合を目指します。具体的には、各ブランドのクリエイティブディレクターと「VK's Gallery」で紹介したアーティストとのコラボレーション(各種エキシビション等)の実施や、アーティストによる、VKに出店しているショップ店頭のウィンドウディスプレイの制作などが考えられます。モノ作りへのこだわりを持ったブランド、ショップとアートとの高い次元での融合によって、ブランド、ショップとアートそれぞれが一層の輝きを放つことを期待しています。
VKでは、そうした活動について、各種メディアを通して、より多くの人々への周知を図っていくことも考えています。VKの運営母体であるラリス株式会社の主要事業である企業広報・PRの支援業務を通して行うもので、TV、ファッション誌、ファッション分野に特化したインターネットメディアなどを中心とした報道機関に働きかける広報活動(=ラリス株式会社から報道機関にコンタクトして、記事やニュースとして取り上げてもらうための活動)が中心となります。

「VK's Gallery」で第一弾として取り上げるアーティストは、現代アーティストのHIRO氏です。(ラリス株式会社は、2015年5月より、HIRO氏とのマネジメント契約を締結しています)

HIRO略歴:

HIROは、映像ディレクターとして約15年のキャリアを持っています。
「ゴッドファーザー」デジタルリマスター映画予告編制作の際に、フランシス.F.コッポラ監督に直接クオリティの評価を受けるなど貴重な経験を体験。その後、ウォルト・ディズニー・テレビジョン・インターナショナル(ジャパン)とフリーランス契約。最近では、「トランスフォーマー アドベンチャー」エンディングのディレクターを務める。現在は、現代アーティストとして自身の展開する「モーションペインティング」という概念のもと、動く墨絵を制作。海外での作品展示を中心に活動しています。

「Soul」
-Digital Painting、Computer Graphics Movie-

背景には作者の故郷である沼津市の山と海と夜空。
DNAを模した植物の螺旋は人の役割を意図し、壊れた両性を表す体に、次時代の性を超えた世界と「魂」が体という器を借りて成立している世の中を表現。まさに作者自身のルーツであり「魂」を表現している。